第一回国勢調査記念切手の切手買取での買取価格や豆知識などをご紹介しています。

切手買取でスピード買取がおすすめされる理由とは?

第一回国勢調査記念切手について、買取価格をご紹介

第一回国勢調査記念切手について

ここでは、日本初の国勢調査の記念として作られた記念切手「第一回国勢調査記念切手」について、買取価格と豆知識をご紹介します。切手買取にもきっと役立つと思うので、第一回国勢調査記念切手の買取価格を知りたい方はぜひ見てください!

第一回国勢調査記念切手の買取価格について

第一回国勢調査記念切手の買取価格は?

「第一回国勢調査記念切手」とは、日本初の国勢調査が行われた記念として作られた記念切手です。 第一回国勢調査記念切手には、1.5銭と3銭切手の2種類があり、1.5銭だと紫色、3銭だと、切手画像のような赤色で印刷されています。

私が買取してもらった第一回国勢調査記念切手は、画像のように赤色だったので、3銭の切手でした。第一回国勢調査記念切手の買取価格は、一枚で500円ほどの買取価格を付けてもらうことが出来ました!

切手買取の際に「1.5銭切手と3銭切手で買取価格は違うんですか?」と質問してみたところ、「第一回国勢調査記念切手は、1.5銭切手と3銭切手の発行枚数はほぼ同じなので、希少価値にもそれほど違いはなく、買取価格も一緒くらいです。ただ、状態が同じだと仮定すれば、3銭切手の方が、若干買取価格は高いです。」とのことでした。

第一回国勢調査記念切手は、1.5銭と3銭の2枚セットだと、1000円~1500円ほどの買取価格になることもあるそうなので、第一回国勢調査記念切手を2枚お持ちの場合は、一緒に買取査定に出されたほうが良いと思います。

第一回国勢調査記念切手の概要と豆知識

第一回国勢調査記念切手の豆知識

第一回国勢調査記念切手は、日本初の国勢調査の記念として作られた切手で、1920年9月25日に発行されました。 1920年=大正9年なので、国勢調査はこんなに昔から続いているのか!と驚いた切手でもありますね。

「第一回国勢調査記念切手に描かれている、椅子に座っている人は誰だろう?」と思って調べてみましたが、大化元年の国司が描かれているようです。 大化年間の国司は、どうやら第一回国勢調査の記念章に採用されているみたいなので、ここから記念切手のデザインが決まったのかも知れませんね。

第一回の国勢調査は、本当はもっと早くに行う予定だったのですが、戦争の影響で大きく遅れ、10年ほど後になってようやく実施に至ったそうです。 初めて国勢調査を行うので、世の中に広く宣伝するために記念切手が発行されたそうで、これが「第一回国勢調査記念切手」になりました。

ちなみに、国勢調査の記念切手は、今回ご紹介の第一回の他にも、第二回や第十回なども発行されているそうです。第一回国勢調査記念切手以外でも、記念切手買取の対象となっているみたいなので、不要な方はぜひ切手買取業者で査定してみてはいかがでしょうか!

ページ上部へスクロール