第二回国勢調査記念切手の切手買取での買取価格や豆知識などをご紹介しています。

切手買取でスピード買取がおすすめされる理由とは?

第二回国勢調査記念切手について、買取価格をご紹介

第二回国勢調査記念切手について

ここでは、日本で行われた2回目の国勢調査記念として作られた「第二回国勢調査記念切手」の買取価格と豆知識をご紹介します。私が買取してもらったときの買取価格をご紹介している他、豆知識などは切手買取にもきっと役立つと思うので、第二回国勢調査記念切手の買取価格を知りたい方はぜひ見てください!

第二回国勢調査記念切手の買取価格について

第二回国勢調査記念切手の買取価格は?

先日は、初めて国勢調査が行われる宣伝として発行された記念切手「第一回国勢調査記念切手」の買取価格を紹介しました。 「第一回の切手があるということは、もしかしたら第二回も・・・?」と思いましたが、やっぱりありました、「第二回国勢調査記念切手」! 今回は、私が買取してもらった第二回国勢調査記念切手の買取価格をお伝えしていきます。

第二回国勢調査切手の種類は、紫色で印刷された「1.5銭切手」と、赤色で印刷された「3銭切手」の2種類があります。 写真は赤色の3銭切手ですが、実は、第二回国勢調査切手は2種類とも持っていて、両方買取してもらいました! 正直、目立つ図柄でもなかったし、あまり高い買取価格はつかなさそう・・・と思っていたんですが・・・

第二回国勢調査切手の買取価格は、1.5銭切手が1枚200円の買取価格を、3銭切手は300円の買取価格を付けてもらいました! もし、第二回国勢調査切手がとても綺麗な状態で残っていたら、1.5銭切手だと最大で300円の買取価格が、3銭切手だと350円前後の買取価格まで期待できるとのことでした。

単体では数百円の買取価格の切手ですが、もし第二回国勢調査切手をお持ちの方は、私と同じように、色々な切手が入った切手帳やコレクションの状態でお持ちだと思います・・・! 一枚で何万円もの買取価格がつくようなプレミア切手も多いですし、全て合計すれば数十万円の買取価格になることも全く珍しくないので、一度切手買取業者の無料査定を受けてみられることをおすすめします!

第二回国勢調査記念切手の概要と豆知識

第二回国勢調査記念切手の豆知識

第二回国勢調査記念切手は、その名の通り、日本で2回目に行われた国勢調査を記念して発行された記念切手です。

第一回目の国勢調査記念切手図柄は、大化元年の国司が描かれていましたが、第二回国勢調査記念切手においては「当時の日本の地図」が描かれているそうです! 正直、第一回国勢調査記念切手の図柄は「この椅子に座っている人、誰だろう…?」と思ってしまったので、第二回国勢調査記念切手の図柄は、テーマが分かりやすくてとても素敵な記念切手だと思いました。

ただ、第二回国勢調査記念切手に記されている「当時の日本の地図」、今の日本地図とは若干違うんです!どこが違うか分かりましたか? 調べたのですが、こちらの第二回国勢調査記念切手の日本地図は、当時領土だった「台湾」や「樺太」「朝鮮」などが含まれているんです。日本の歴史を、記念切手からも振り返ることが出来ますね。

ちなみに、国勢調査の記念切手は、第一回国勢調査記念切手や第二回国勢調査記念切手のほか、第十回の記念切手なども作られていたそうです。 第二回国勢調査記念切手以外でも、記念切手買取の対象となっているみたいなので、不要な方はぜひ切手買取業者で査定してみてはいかがでしょうか!

ページ上部へスクロール