電燈75年記念切手の切手買取での買取価格や豆知識などをご紹介しています。

切手買取でスピード買取がおすすめされる理由とは?

電燈75年記念切手について、買取価格をご紹介

電燈75年記念切手について

ここでは、日本で電灯が灯ってから75年を記念して作られた切手「電燈75年記念切手」について、買取価格と豆知識をご紹介します。切手買取にもきっと役立つと思うので、電燈75年記念切手の買取価格を知りたい方はぜひ見てください!

電燈75年記念切手の買取価格について

電燈75年記念切手の買取価格は?

「電燈75年記念切手」とは、日本で初めて電燈が灯った日から75周年を記念して作られた記念切手で、当時の電燈がデザインされています。 切手の右側には、切手の額面「10」円が記載され、切手の下には「電燈75年記念」と記されています。

私が切手買取に出した電燈75年記念切手は、20枚が繋がった1シートの状態でした!切手買取業者の査定員の方によれば、バラバラの単片切手よりも、ひとまとまりのシート切手や”田型”と呼ばれる状態だと、買取価値も高くなりやすいそうです! 切手換金のための金券ショップで「台紙貼り」という方法があるらしいのですが、そのためにシートから切手を切り離してしまう方もおられるそうです。

もし価値が高い切手だったら、それはかなりもったいないこと…。もしお持ちの切手が古い切手であれば、金券ショップで換金に出す前に、切手の価値を査定してくれるタイプの切手買取業者に見せられることをおすすめします!!

私が買取してもらった電燈75年記念切手は、1シート丸々で8000円の買取価格を付けてもらうことが出来ました! 電燈75年記念切手は、単片切手の状態でも1枚500円前後の買取価格が期待できるそうで、元々価値が高めのプレミア切手なんですが、シートの状態だとさらに希少性が上がり、買取価値も上がってくれるそうです。

私も正直、ここまで買取価値が高い切手だとは思わなかったので、少し驚いてしまいました。もっと古い切手だと更に高い買取価格がつくものもあったので、思わぬ臨時収入になって嬉しかったですねー。

電燈75年記念切手は、この時代の記念切手の中でもかなり高めの買取価値があるらしいので、お持ちであれば一度、切手買取業者に問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

電燈75年記念切手の概要と豆知識

電燈75年記念切手の豆知識

日本で初めての電燈が灯ったのは、1878年のことです。和暦に直すと明治11年ということになりますので、それまでは火の灯りによって生活していたんですね。 明治時代といえば、政府の設立や廃藩置県などによって一気に近代化が進んだ時代というイメージですが、電燈や電気の普及によって、技術産業も大きく躍進を遂げました。

ちなみに、日本で最初の切手が発行されたのは明治4年のことですので、電燈よりも切手のほうが僅かに長い歴史があるんですね。 この時代にたくさんの新しい制度が取り入れられ、今の礎になっているのは、間違いのないことです。

電燈75年記念切手に描かれているのは、フランス製の電燈「アーク灯」になります。 アーク灯は電燈として最初に用いられたもので、アーク放電を利用して光源を作っていたそうですよ。

(追記します!日本で初めて灯った電灯はフランス製のアーク灯なんですが、こちらの電燈75年記念切手に描かれている電燈、アメリカ製のアーク灯らしいんです。電燈75年記念切手を作るとき、フランスのアーク灯の現物がなかったため、アメリカ製のアーク灯で代用したと考えられているそうですよ。)

ちなみに、電燈75年記念切手が発行されたのは1953年の3月25日なんですが、3月25日は「電気記念日」として知られています。だから電燈75年記念切も、電気記念日に合わせての発行になったそうですよ。

ページ上部へスクロール