紀元二千六百年記念切手(1次)の切手買取での買取価格や豆知識などをご紹介しています。

切手買取でスピード買取がおすすめされる理由とは?

紀元二千六百年記念切手(1次)について、買取価格をご紹介

紀元二千六百年記念切手(1次)について

ここでは、”紀元二千六百年記念行事”が開催されたことを記念して作られた記念切手「紀元二千六百年記念切手(1次)」について、買取価格と豆知識をご紹介します。切手買取にもきっと役立つと思うので、紀元二千六百年記念切手(1次)の買取価格を知りたい方はぜひ見てください!

紀元二千六百年記念切手(1次)の買取価格について

紀元二千六百年記念切手(1次)の買取価格は?

「紀元二千六百年記念切手(1次)」とは、”紀元二千六百年記念行事”が開催されたことを記念して作られた記念切手です。 2銭・4銭・10銭・20銭の4種類の切手が発行され、2月11日に発行された分が「紀元二千六百年記念切手(1次)」、11月10日に発行された分が「紀元二千六百年記念切手(2次)」と呼ばれています。

紀元二千六百年記念行事とは、神武天皇の即位から2600年目を迎えることを記念して開催された一連の行事のことを指します。 展覧会などの様々な記念行事・記念事業が開催され、式典に合わせて”皇紀2600年奉祝曲”という曲も作られました。ですが、当時は戦争の最中であり物資も不足していたことから、中には接待などが簡素化されたなどもあったそうです。

私が買取してもらった紀元二千六百年記念切手は、2月11日に発行された1次切手の2枚でした。 切手の額面は2銭と10銭で、図柄の種類はあとで調べたんですが、2銭切手には黄色で「金鵄」が、10銭切手には「鮎と瓶」がデザインされていたそうです。

切手買取での紀元二千六百年記念切手(1次)の買取価格は、2銭切手が60円、10銭切手が250円の買取価格でした!私が買取してもらった紀元二千六百年記念切手の買取価格は、2枚で合計310円になりました。

紀元二千六百年記念切手は、発行数がそこそこ多いこともあって、現代でも残っている数が多いらしく、これくらいの買取価格になるとのことでした。 ですが、他の切手だと1枚でも数千円の買取価格になるものも多かったので、古い切手のコレクションの買取価格を合計すると、かなりの金額になりましたよ!(切手を売ったときの体験談やおすすめ買取業者は、ぜひトップページをご覧ください♪)

紀元二千六百年記念切手(1次)の概要と豆知識

紀元二千六百年記念切手(1次)の豆知識

紀元二千六百年記念行事とは、神武天皇が即位されて2600年を祝う行事のことで、その一環として「紀元二千六百年記念切手」も発行されました。

紀元二千六百年記念行事を開くにあたっては政府が委員会を発足させて記念行事などを計画し、行われる行事は神道色が強いものでした。紀元二千六百年記念切手にも「金鵄」が描かれていますが、これは神武天皇の長髄彦征伐のときに、天皇の弓に止まった金色の鳶のことを指すようです。勝利を導く鳶として知られ、昔の軍人さんに与えられる章にも「金鵄勲章」というものがあったようですよ。

切手の他に絵葉書も発行されており、絵葉書には墨書きで「紀元二千六百年記念」「橿原神宮絵葉書」と書かれています。合わせて記念消印も用意されていたようで、祝賀ムードが伝わってくるような気がしますよね。

紀元二千六百年記念切手には、2銭・4銭・10銭・20銭の切手の4種類がありますが、それぞれで採用されている絵柄が違います。2銭切手には「金鵄」、4銭切手には「高千穂の峰」、10銭切手には「鮎と瓶」、20銭切手には「橿原」がデザインされています。

ページ上部へスクロール