日露戦争凱旋観兵式記念切手の切手買取での買取価格や豆知識などをご紹介しています。

切手買取でスピード買取がおすすめされる理由とは?

日露戦争凱旋観兵式記念切手について、買取価格をご紹介

日露戦争凱旋観兵式記念切手について

ここでは、日本で発行された記念切手「日露戦争凱旋観兵式記念切手」について、買取価格と豆知識をご紹介します。切手買取にもきっと役立つと思うので、日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取価格を知りたい方はぜひ見てください!

日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取価格について

日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取価格は?

日露戦争凱旋観兵式記念切手とは、日露戦争で日本が勝利をおさめ、その後に開かれた「陸軍凱旋観兵式」を祝うために発行された記念切手です。 今の日本の記念切手は、切手のデザインに合わせた専用の消印が用意されているのが当たり前になっていますが、実は日本の記念切手で専用押印を初めて用意したのが、こちらの「日露戦争凱旋観兵式記念切手」です。

ちなみに、陸軍凱旋観兵式の”凱旋”とは、勝利を収めて帰ることを、”観兵式”とは今でいう軍事パレードのようなもので、軍隊を整列させて天皇が観閲した儀式です。 天皇も出席されたことから、国を挙げた大きな行事であったことがうかがえますね。

日露戦争凱旋観兵式記念切手は、青色を基調とした1.5銭の切手が1種類、赤色を基調とした3銭の切手が1種類と、計2種類の切手が発行されています。 切手買取での日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取価格は、1.5銭切手が2000円前後の買取価格が、3銭切手は5000円前後の買取価格も期待できるプレミア切手です。

私は1.5銭切手を所持しており、切手買取に出したのですが、あまり状態が良くなかったこともあり、1枚1000円の買取価格が付きました。状態が良ければこれ以上の買取価格になったとのことでしたが、使わずにずっと眠っていたままの切手だったので、思ったより高く買取してもらえて嬉しかったですね。

日露戦争凱旋観兵式記念切手の概要と豆知識

日露戦争凱旋観兵式記念切手の豆知識

日露戦争凱旋観兵式記念切手は、1.5銭切手と3銭切手で買取価格が違いますが、これには切手の発行枚数が関係してきます。 日露戦争凱旋観兵式記念切手の1.5銭切手は、291万枚の発行枚数ですが、3銭切手の発行枚数は、その半分ほどの18万枚に留まります。

日露戦争凱旋観兵式記念切手は、明治39年4月29日に発行された記念切手で、非常に古い記念切手です。 明治時代に発行された記念切手は、この日露戦争凱旋観兵式記念切手を加えても、わずか10種類しかありません。 これほど古い記念切手になると、綺麗に残っているものは希少価値がとても高くなりますので、綺麗な状態であれば、切手買取でも高い買取価格が期待できますね。

ページ上部へスクロール